リハビリテーション室へようこそ

リハビリテーション室の写真


はじめに

 リハビリテーションが何故必要なのか、何を目的とするのか、どんなことをするのか、皆様はよく ご存じだと思います。
”私は腰が痛くてリハビリテーションに通っています” とこんな風にリハビリテーション という言葉を普段から使っているのではないでしょうか。 しかし、正確に理解している人は 案外、少ないかもしれません。
「リハビリテーション」の言葉を辞書で引くと、 「患者に残存した機能を練習により復活し、 更に高度の機能を営ますように回復せしめること。」何やら難しい言い回しですが、 全くこの通りであります。
このように私たちは単純に残存した機能を復活、つまり回復させる為の治療に重点を置きが ちですが、それよりも先に、心理面の回復、復活が必要な場合があります。 例えば、気持ちが落ち込んだ状態での治療は、気持ちが前向きの状態でのそれに比べて、 あまり効果は期待できません。 つまり自分で治そうという意欲を強く持っていなければ、 十分な効果はあげられないのです。  それは私たちと接して治療する時間は、 1日の内、ほんのわずかなものです。 ですから、私たちとの治療時間も大切ですが、残りの時間を自分でいかに活用するかがより大切なのです。 あくまでも自分を治療するのは自分であること、そして私たちはその治療がスムーズに進むように 手助けをさせていただいているのです。 当病院のリハビリ設備と私たちが少しでもお役に立てば幸いです。

病状に応じたリハビリ・健康スポーツ

腰  痛 五 十 肩 健康ウォーキング 水中ウォーキング
ウォーキングのトラブル対策

詳解の更新(2006.3.14)


こんにちは!リハスタッフです

リハビリ室のスタッフ写真(PT 2名他)
TOPページに戻るボタン